ウエンツ瑛士ロンドン留学!いつ出発するの?英語力や演技力はどう?

ウエンツ瑛士 留学

「火曜サプライズ」でウエンツ瑛士さんがロンドン留学のために芸能活動を一時休業し海外留学することがわかりました。

火曜サプライズでは、涙目でそのことを発表したウエンツ瑛士さん。

一緒に火曜サプライズを盛り上げていた山瀬まみさんが

「「勝手に決めてね、腹が立ってる…寂しくて…」山瀬まみさんの言葉が印象的でした。




ウエンツ瑛士さんいつロンドンに出発するのか?

ウエンツ瑛士さんの公式サイトでは今回のことがさらに詳しく書かれています。

はじめに、生放送にて突然の報告となり、お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

10月より、イギリスのロンドンに留学します。

僕にはいつかロンドンのウエストエンドで舞台に立ちたいという夢があります。

これを思い始めたのは30歳の頃です。
その時、既にレギュラー番組を含め沢山の仕事をいただいていました。
当然、任せていただいている仕事なので、向こうに行かずに日本で仕事をしながら夢を叶える努力をこの3年間してきましたが、やればやるほどにイギリスで学びたいという気持ちが強くなってしまいました。

このまま過ごして自分が後悔をしないのか?

他人に迷惑をかけてまで貫きたいことなのか?

沢山、悩んだ末に今回の決断となりました。

期間については、1年半程度になります。夢に向かう一歩目です。

皆様の応援の言葉一つ一つが自信となり、大きな夢をもてました。
とても感謝しております。
その御恩をしっかり返せるよう死ぬ気で頑張ってきます!!

2018年8月28日 ウエンツ瑛士

こちらの文章にも書いてあるように出発は10月ということで、9月いっぱいはウエンツ瑛士さんの姿はテレビで見れるようです。

それにしても日本で人気があるだけにこんな勇気のある決断をされるというのがすごいですね。

ちなみにロンドンの舞台に立ちたいということが書かれていますが、ハーフのウエンツさんは英語の方はいかがなものなのでしょうか。




ウエンツ瑛士の英語力は?

父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人とハーフのウエンツ瑛士さんですが、残念ながら英語は全くだめのようです。

ジョニーデップさんのインタビューの時の自己紹介でもウエンツ瑛士さんの英語力がわかりますね。

これから演技の勉強と一緒に英語の壁も出て来たわけですが、お父様がアメリカ人なので、きっと英語の環境は作ろうと思えばすぐに作れるのではないでしょうか?




ウエンツ瑛士の演技力は?

もともとテレビに出ていたきっかけが「天才てれびくん」で子役として活躍されています。

それからモデルやシンガーとして活躍されていますが、演技の方はどうなんでしょうか?

やはり舞台に立つとなるとかなりの演技力が必要ですからね。

ということで…今までウエンツ瑛士さんが出演した映画やテレビをチェックしてみると

【ウエンツ瑛士さんが出演していたテレビ】

有名なところでいくと、2002年にごくせんの第6話・結城正人役に出ています。

また、のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパでは、個性が強いフランク・ラントワーヌ役として笑わせてくれました。

【ウエンツ瑛士さんが出演していた映画】

こちらも有名なものだけ紹介すると

2007年にゲゲゲの鬼太郎で主演・鬼太郎役として出演されています。

さらに2009年、2010年には、テレビと同じくフランク・ラントワーヌ役でのだめカンタービレ最終楽章 前編/後編に出演されています。

ベッキーさんとともにコミカルで面白い役でしたね。

【ウエンツ瑛士さんが出演していた舞台】

実はウエンツさん舞台歴もかなり長いです。

「劇団四季ミュージカル美女と野獣」チップ役
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」北村次郎役
「謎解きはディナーのあとで」風祭警部役
「天才執事ジーヴス」バーティ・ウースター 」役
「スコット&ゼルダ」スコット・フィッツジェラルド役
「紳士のための愛と殺人の手引き(英語版)」モンティ役

2017年には、英語版の舞台も経験されているということで、実は英語に関してはできないと本人がネタのしていた後にメキメキと上達されているのではないかと推測されます。

とにかく人気が安定している今、自分の夢を追いかけるためにイギリスに行くなんてなんともたくましい勇気ある決断です。

ぜひとも夢実現のために死ぬ気で頑張って欲しいですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です