【9月2日ちびまる子ちゃん】さくらももこさん追悼でアニメ第1話の動画放送

ちびまるこちゃん

アニメ「ちびまるこちゃん」の原作者でもあるさくらももこさんが、8月15日53歳で、乳がんのために亡くなりました。

本当にそのニュースには衝撃でしたが、9月2日は、さくらももこさんが亡くなってからはじめてあるちびまるこちゃんでした。

その回では、アニメ「ちびまる子」第一話(2011年10月)にあった「まる子、きょうだいげんかする」のリメイク版が放送されました。




9月2日のちびまるこちゃんはアニメ第1話放送

9月2日のちびまる子ちゃんは、「まる子、きょうだいげんかする」の巻でした。

チーチキンのノートをお母さんにこっそりもらったお姉ちゃん。

それをみていたまる子がそのノートが欲しい!とだだをこね、お姉ちゃんとお母さんを困らせます。

結局、じゃんけんに買ったおねえちゃんがノートをもらうことになったのですが、どうも納得がいかないまる子。

そこで、まる子はお姉ちゃんにいろいろといじわるなことをします。

なんでお姉ちゃんなんているんだろう?!と自分の境遇を呪いますが、たまちゃんのある一言でやっぱりお姉ちゃんって素敵だな…と思うなんともいじらしい兄弟愛が描かれている回です。

こちらは、りぼんにも掲載されました。




お姉ちゃんの声は水谷優子さん

今回はリメイク版ではありましたが、声優は以前お姉ちゃんを担当していた水谷優子さん。

水谷優子さんも、51歳で、さくらももこさんと同じく乳がんでこの世を去っています。

そんなお姉ちゃんの声を聞きSNSでは感動の声が広がりました。

絵が本当になつかしい・・・

やはり、みなさん同じように涙を流したようです。

50代でなくなるなんて本当に早いですよ。




ちびまるこちゃんの最後に感謝のテロップ

最後の歌が流れたあとは、感謝のテロップとともにさくらももこさんへの追悼のメッセージが流れました。

以下テロップとナレーションの全文です。

「ちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこ先生がお亡くなりました。

心よりお悔やみ申し上げます。

アニメ『ちびまる子ちゃん』は今後も続けてまいりますので、これからもよろしくお願いします」

長い間愛され続けているアニメというだけあって、やはり寂しいものがありますね。




さくらももこさんありがとうございました

フジテレビだけでなく、いろんなところで活躍したちびまる子ちゃん。

いろんな方が追悼のメッセージを送られています。

サザンオールスターズさんは、9月1日の今夜の夜遊びでさくらももこさんへ感謝の気持ちを込めて、生歌のコーナーで「100万年の幸せ!!」を歌唱されたようです。

東京新聞では、今回さくらももこさんがなくなったことをうけて、全1587回から、6回分を再掲しています。

ニベアクリームでは、亡くなられたさくらももこさんのデザインをそのまま発売するとのこと。

他にも、いろんなところ、いろんな表現で、さくらももこさんの追悼が行われています。

ちびまる子ちゃんの最後のテロップの家族の笑顔を見て、ちょっと切なくなった方も多いかと思いますが、やはり「ちびまる子ちゃん」を見ながらまた明日から月曜日かぁと思える毎日を遅れるというのはとても幸せなことなんですよね。

本当にさくらももこ先生ありがとうごじざいました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です