チームラボのお台場イベントで人生変わる!

チームラボお台場イベント

夏休みも中盤に入ろうとしていますが、夏休み中に子供たちと一緒にぜひとも行きたいスポットがあります。

それが、お台場の「チームラボ」が手がけるイベント。

このイベントは、520台の特注コンピューターを駆使して作られたアートの中を、巡るという体験型のイベントでとなっており、子供だけでなく、大人もその不思議な世界に魅了されるのは間違いないです。

行けば人生を変えるほどの衝撃をうけるこのイベントの魅力とその裏舞台について紹介します。




チームラボのお台場イベントのどこがすごいのか?!

このチームラボのお台場でのイベントはマスコミ関係にもかなり注目されていましたが、実際行ってみるとその素晴らしさに心奪われます。

そのすごさの秘密は、その作品のほとんどが観客の動きを常にセンサーで読み取り、それに応じて作品が反応しているようになっているから。

まさに自分たちが動くことで作品の一部となり、作品を完成させているというわけです。

その楽しさと、幻想的な光景に時間を忘れるほどいつの間にか夢中になっています。

また、広大なミュージアムを全身で楽しんだ後は、カフェでも楽しめるようになっています。カフェ「ENティーハウス」では茶碗に注がれたお茶に花が作という作品が用意されています。こちらも遊び心があり、茶碗を動かすと茶碗の中に花が咲いている。でも飲み干すと消えてしまうという仕組みになっています。

どこもかしこも、来ているを楽しませてくれる仕掛けがほどこされており、まさにワクワクできるアートで、気づけば、「すごい」を連呼していること間違いなしですよ。




チームラボのお台場イベントに行くと人生が変わる!

未来を見せてくれるこのイベントは、日常を忘れ、さらに自分の常識の幅を広げてくれ、同じ日本人の技術の高さに感服すること間違いなしです。

何よりコンピューターの未来が詰まったイベントで、大人はその急速なコンピューターの世界に触れ、焦りと期待を感じ、子供達はその世界に憧れを感じれる時間でもありますね。

家族で行けば、帰って来てからもじわじわとその感動が押し寄せて家族間でその話が尽きません。

まさに人生が変わるイベントと言っても言い過ぎではないですね。

もしかしたら、このイベントを見に行った子供達がコンピューターの虜となり、将来はコンピューター関係の仕事を目指したい!と言い始めるかもしれません。




チームラボのお台場イベントでゆっくり楽しめるポイントを紹介

そんなお台場でのチームラボのイベントですが、こちらあまりの人気で行列必死とのこと。そのため並びたくないのであれば、夕方ごろに行くのがおすすめです。

また、営業時間が曜日によって細かく違って来ますので、きちんと確認してから行かれることをおすすめします。

さらに、中にはご飯をたべるところがありません。そのためきちんとお腹を満たしてから行かれることをおすすめします。

最後に、館内は体験型のイベントになっています。ヒールなどよりも歩きやすい靴や、動きやすい服装で行かれることをおすすめします。

最後になりましたが、今回この台場のイベントを開催しているチームラボを紹介しますね。




チームラボとは?

アートの協会を超えるクリエイティブ集団として、世界でも活躍しているクリテイティブ集団の「チームラボ」。

そのアートは、CGやプロジェクションマッピングなどをうまく使い今までのアートの常識を超えたものになっています。

チームラボの代表である猪子寿之さんによると、彼が1996年に大学に入ってコンピューターに出会ったのが誕生のきっかけになっているそうです。

そこから、2001年にチームラボを設立。

活躍の場は、美術館だけではなく、さまざまな場所を舞台としたアートを展開しています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です