【敬老の日】介護施設のおじいちゃん&おばあちゃんへのプレゼントアイデア5選

敬老の日 プレゼント

2018年の敬老の日は、9月17日月曜日です。

そろそろ、おじいちゃんや、おばあちゃんに贈るものを考えたいところ。

ただ、

・ 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんが介護施設にいて何をあげたらいいのかわからない。
・ 贈り物が制限されているので、なかなか選ぶのが難しい。
・ 贈りたいけどもし、施設でNGを出されるかもしれなくて心配。

そんな方に介護施設のおじいちゃん、おばあちゃんへ安心して贈ることができるプレゼントアイデアを5つにまとめてみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。




一袋ずつ入ったお菓子類

こちらは比較的制限のないゆるい施設向けのプレゼントです。

毎日施設にいるとどうしても楽しみが食べることや、周りの人とのおしゃべりだったりします。

そんな時に、ちょっとつまめるもの、ちょっと甘いものがあるとやっぱり嬉しいものです。

また1袋ずつ小包装になっていると周りの人にもおすそ分けできるので、一緒に食べることができます。

・ あまり手が汚れない。
・ あまり噛まなくてもいい。
・ 1袋ずつ小包装になっているお菓子

例えば、こんなのどうですか?

 

ちょっといいティッシュペーパーやタオル

どこでも必ず使うのがティッシュペーパーです。

絶対使うからものだから、ちょっといいものは使っていて気分も上がります。

もちろんその良さがわかるおじいちゃん、おばあちゃんにぜひともあげたいですが、わからなくても説明してあげると喜んでくれるのではないでしょうか。




ちょっといい歯ブラシ&コップなど日常品

こちらもテッシュペーパー同様、必ず使うものです。

入れ歯の方も多いかもしれませんが、意外と自分の歯があったりする人もいらっしゃって磨かれていますよね。

歯がきれいだと、気分もよくなるし、何より病気になりにくいんだそうです。(歯医者さんが言ってました。)

ちなみにいい歯ブラシで、1本1000円ぐらいする”MISOKA”というブランドのものがあります。

これは、一度使うと手放せないぐらい歯にぴったりマッチしてれて、さらに磨いた後ツルツルがすごく長く続きます。

これだったら、楽しく歯も磨けそうですね。




靴下やブランケット

9月といえば、まだまだ暑さが続きますが、朝晩の冷えは気になってくる頃。

そんな時にちょっと羽織れるブランケットや、さっとはける靴下があると便利ですね。

今はそのまま羽織って歩けるようなブランケットもありますし、厚手の靴下であれば、冷えがきになる冬場にも使えます。




すべりにくいスリッパ

こちらもあると便利なグッズです。

ただ、お年寄りは転びやすかったりするので、スリッパでもちょっと歩きやすいものや、すべりにくいものを中心に選ぶといいかもしれませんね。

施設によっては、靴の場合もあるのでそこは確認が必要です。

また施設によっては私物に必ず名前を書かなければならない場合もあるので、そちらも確認してからプレゼントしましょう。

さて、いかがでしたでしょうか。

毎年なかなか決まらない方もいらっしゃるかと思いますが、おじいちゃんやおばあちゃんにとって一番嬉しいのは、やっぱり会いにきてくれることではないでしょうか。

仕事や用事で普段なかなか行けなくても、敬老の日はちょっとだけ時間をとって会いに行っていろいろ話すだけでもおじいちゃん、おばあちゃんにとっては素敵な敬老のプレゼントとなります。

ぜひぜひ会いに行ってあげてくださいね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です