原宿パンケーキ「バターミルクチャネル」の行き方とおすすめメニューやカロリーは?

バターミルクチャネル

パンケーキブームはまだまだ続いています!!!

9月28日にアメリカのニューヨークで大人気の「BUTTERMILK CHANNEL(バターミルクチャネル)」の日本1号店を東京・原宿にオープンします。

ニューヨークでは、店外まで人があふれて順番待ちが当たり前のお店だけあって、日本上陸も行列必須です。

そんな原宿にできるバターミルクチャネルの

・バターミルクチャネルへの場所や行き方
・バターミルクチャネルのおすすめメニュー
・バターミルクチャネルのパンケーキのカロリー

などを紹介していきます。




原宿のバターミルクチャネルの行き方は?

【バターミルクチャネル(BUTTERMILK CHANNEL)】

住所:東京都渋谷区神宮前1丁目11-11
予約専用電話番号:050-3171-8928(2018年9月11日から受付、受付時間10時~22時)
営業時間:
[Brunch]10時~15時
[Cafe]15時~17時
[Dinner]17時~23時30分
(ラストオーダー 22時30分)

原宿駅からであれば、

① GAPフラッグシップ原宿店の前を通る。
② 猫カフェMOCHAの前を通る。
③ 築地銀だこの前を通る
④ ナイキの前を通る
⑤ 京橋千疋屋原宿店の前を通る。

だいたい原宿駅から歩いて3分ほどの場所で行きやすいです。




バターミルクチャネルのおすすめメニュー

すでにニューヨークでは有名なパンケーキ屋さんというだけあって、日本の方もニューヨークに行った際には結構バターミルクチャネルにわざわざ並んでパンケーキを堪能されていますね。

その現地ニューヨークで人気のメニューなのが、バターミルクチャネルの名物パンケーキ「バターミルクパンケーキ」(1280円)です。

パンケーキはボリュームがあるだけでなく、ふわふわとしていてかなり美味しいよう。

考えただけでもよだれが出てきますね。

また、パンケーキだけでなく、「バターミルクフライドチキン(1680円)」もこのお店の名物でおすすめの一品です。

フライドチキンが数年前からブームなっているニューヨークでは、バターミルクチャネルのフライドチキンがいろんなフライドチキンランキングでランクインするなどニューヨークの人も納得の味に仕上がっています。

このフライドチキンに添えられるのが、チェダーチーズワッフルとコールスローです。

もう甘いもの、しょっぱいもの、甘いもの、しょっぱいものとエンドレスで楽しめますね。




バターミルクチャネルのパンケーキのカロリーは?

バターミルクという名前だけあって、結構カロリーって高いのではないかと思いがちですが、牛乳グラス1杯が約150カロリーだとすると、同じ量のバターミルクは100カロリーとなり、結構カロリーは低くなります。

また、脂肪や飽和脂肪酸などの脂質量は約3分の1なのに、栄養成分はほぼ牛乳と同じぐらい。

気になるカロリーですが、普通のパンケーキは、1食あたり2枚として500kcalがプレーンなパンケーキのカロリーです。

フライドチキンに関してですが、基本的にはひとつ245キロカロリー。

生クリームや、シロップとつけるとさらにカロリーは上がってしまうかもしれませんが、意外とヘルシーに仕上がっています。




バターミルクチャネルとビルズの違いは?

バターミルクチャネルの名物バターミルクケーキは、アメリカではポピュラーな「バターミルク」というのが使われています。(日本では販売されていないようです。)

簡単にいうと、ミルクからバターを作った時に出る残りの水のこと。でもバターミルクが入ることでバクテリアの力により牛乳を使うときよりもケーキがふわっと膨らみます。

このバターミルクをパンケーキに加えることで全体的にリッチになるだけでなく、ふわっとした出来上がりになるからです。

日本人は味わったことがない感覚かもしれませんね。

一方であのビルズのパンケーキは、卵をとにかく泡立てることでふわっとしたパンケーキに仕上げています。

どちらもふわっとしたのがうりのパンケーキですが、その食感は少し異なるかと思います。

私は、バターミルク派!私はビルズ派!!なんて意見がわかれるかも・・・




バターミルクチャネルの求人はしてる?

以前は、バターミルクチャネルの求人されていましたが、すでに終了したようです。

ちなみに、このバターミルクチャネルは、株式会社オーイズミフーズが運営されています。

こちらは今回のバターミルクチャネル以外にも、

くいもの屋 わん/九州自慢/はっぴ/かき小屋○座/越たんたん/千の庭/炉ばた情緒 かっこ/海味小屋(うみごや)/ニワトリマーケット/ガンガン横丁酒場/夢幻/三枚目助五郎/ガストロ スケゴロウ/千倍/いわて三陸水産組合/とんとんびょうし/越前鮮魚店/越前華丸/三代目文治/すりみや/金串/LOGIC/CERTO!/肉バル MANZO/Il Principe/UNICO/BENJAMIN STEAKHOUSE/DUMBO PIZZA FACTORY/焼肉バル 牛庵/カンドカン/焼肉食べ放題 BEEFY’S/とろホル/九州魂/STUDIO LOGIC

といろいろと運営されているところです。

今回原宿店が成功したならば、今後は原宿だけでなく、いろんな場所で店舗展開されそうなので、随時チェックしておきたいところですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です