岡田奈々声帯結節で声の影響は?手術前動画で歌を確認復帰時期はいつ?

岡田奈々 声帯結節

AKB兼STU48の岡田奈々さんが声帯結節と診断されて、手術をうけていたことがわかりました。
今リハビリをされているようですが、声帯結節の声の変化や、今後の復帰時期なども気になりますね。




岡田奈々さんプロフィール

生年月日:1997年11月7日
出身地:神奈川県
ニックネーム:なぁちゃん
血液型:A型
身長:155㎝

デビューは、2012年で、所属グループAKB48でもあり、STU48(瀬戸内7県)のリーダーでもあります。
2015年の『AKB48 41stシングル選抜総選挙』で29位となり、アンダーガールズに選出。
2016年の『AKB48 45stシングル選抜総選挙』で14位となり、
2018年には、『AKB48 53stシングル選抜総選挙』で5位となっ初の神7を果たしています。




岡田奈々さん手術前動画は?

twitterで自身声帯手術を行ったことを発表した岡田奈々さん。

手術以前のソロで歌っている動画がありますが、抜群の歌唱力で惹きつけられます。
冒頭のアカペラでの歌は、かなり歌だけができないですね。




岡田奈々さんが手術した声帯結節とは?

こちらは声をよく出す人、喉を酷使する人がなるもので、粘膜組織である声帯が振動して、こすれあうことで、物理的なストレスがかかります。ポリープが血腫によって筋肉組織が固く盛り上がってしまうものに対して、声帯結節は、表皮細胞が肥厚したもので両方の声帯にできるケースが多いです。

声帯結節の症状としては、声がかすれてしまったり、話すときに空気がもれるように感じます。また声の変化で気づく場合もあり、日によって症状が違うことが多いです。また炎症によって結節ができてしまうこともあり、そういう場合は喉の痛みが現れることもあります。




岡田奈々さんの復帰時期は?

声帯結節の治療として、保存療法か手術療法のどちらかを選択することになります。

ちなみに、保存療法とは、声を出さない沈黙によって無料の刺激を避けて吸入やなどで炎症を抑える治療のこと。薬剤を症状に合わせて使います。
一方で、手術になると、全身麻酔をしたあと、顕微鏡下の手術でその部分を切除します。

公式サイトでは、”手術”と表記されているので、岡田奈々さんの治療は手術でその部分を切除されたことがわかります。

この手術の場合、約5日間絶対沈黙が必要です。

その後、音声治療のリハビリが必要で、呼吸法や、呼気と声帯を閉じるタイミングを直す発声法の改善をしていく必要があります。

ライブ復帰自体はそのリハビリ次第となりそうですね。

何より、岡田奈々さんの素敵な歌声を聞けることを楽しみにしたいですね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です